包茎手術の料金の支払いのタイミング

包茎手術の料金の支払いのタイミングとしては、一般的には手術が終わった後と言えるでしょう。
とはいえ、どれくらいの料金がかかるのかを知らずに手術を受ける人はいませんよね。
最初のカウンセリングの段階で、だいたいいくらぐらいの費用を支払うことになるのかを確認してから、手術に臨むはずです。
受けるコースやオプションにより、術後の完成度や金額面にはかなりの幅が出てくるものです。
例えば手術に吸収糸を使うのか、手術痕がわかりにくいように縫う場所を変えるのか、感度を残すために裏筋を残すのか、大きくするためにヒアルロン酸を注入するのかなど、様々なオプションを選択することになります。
すべてのカウンセリングが終わって、最終的な見積もりを確認してから、当日の手術に臨むことになるでしょう。
包茎手術自体はそれほど時間がかかるものではありません。
ほとんどが当日に帰宅することが可能です。手術が終わり術後について先生から話を聞き、先生から帰ってもよいと判断が下ればその日の手術は完了となります。
通常の病院と同じように受付で料金を支払い、帰宅することになるでしょう。アフターケアのために後日来院する必要もあり、その際にもその都度お金を支払うことになります。